建築積算という業務 建築積算という業務
私たちが行っている建築積算という業務は、クライアントから依頼された建築物に対して、どれくらいの資金が必要なのかを見積る作業です。これは予算策定や入札といった事業計画の一翼を担う重要なプロセスとなります。そのため、設計図書に記載されている内容のまま、積算調書に数値を打ち込んでいくといった単純な仕事ではありません。大袈裟に言ってしまえば、翻訳家が外国の書籍を訳す際に逐語訳ではなく、その場の情景や登場人物の心象を浮かべながら意訳していくように、建築物の特徴やクライアントの想いをも汲み取り、見積書に反映していくことが求められる仕事です。更にこの建築積算という業務では、設計図書の内容はもとより施工計画も踏まえた上で、できる限り正確な数量、正確な単価を算出することが求められます。例えば、同じ資材でも大面積で一度に施工できる場合と、複雑な形状で施工が難しい場合では、当然単価が異なります。必要となる資材の数量を算出するという作業自体は四則計算の積み重ねですが、図面以外の様々な要素を見込んで、妥当な単価を設定できるようになるまでには、時間が掛かりますね。1人前として、一つの案件をまとめられるようになるのに、10年は掛かるという業界です。
建築積算業務スピード見積 建築積算業務スピード見積
建築積算業務をする上で、求められるのがスピード。入札案件の場合には、1か月前に依頼が来るのが普通です。そうした場合、数量算出に充てられるのは、通常で1週間乃至10日間くらい。そこから値入期間が2週間程と、短いスケジュールにもかかわらず、発行される設計図書が膨大になることもあります。更に、作業途中で設計図書の不明点を確認した質疑応答書が追加されます。この質疑応答を見積に反映することが最優先事項ですが、全体の作業が遅れることは厳禁。これらの条件の中で、いかに正確な仕様、数量と単価を計上することが、大切になります。あとは必ずチェックをすること。私たちはコンピューターではありませんから、途中のケアレスミスや思い込みによる間違いをすることは避けられません。そこで複数の人間がクロスチェックをすることで、最終的に工事見積書にミスがないよう仕上げていきます。
新入社員は積算学校へ 新入社員は積算学校へ
建築積算という仕事は、一般にはほとんど知られていないため、新卒の方には、日本建築積算協会が主催する積算学校を受講してもらいます。5月からスタートし、週2回で半年間というカリキュラムとなり、卒業後は建築積算士の一次試験が免除。実務で覚えた事柄と講義で学んだ内容がリンクするので、短い期間ですがスキルが格段に向上します。それと、社外に同期の仲間ができるので、積算に対するモチベーションも高まります。もちろん費用は、会社で全額負担します。
建築積算事務所 建築積算事務所
建築積算という仕事の内容から、計算が得意で黙々と作業を進めて行くというイメージを持たれるかもしれませんが、必ず複数人でのチーム作業となりますから、各担当者間の調整を図る能力も重要です。初めの内は、上司からの指示で個々の作業をまとめて行くことが大切ですが、その期間は長くても数年。その後は案件の責任者として、クライアントの求めていることを十分理解し、各担当者に適切な指示を出すことや、逆に各担当者からの問題提起を速やかに解決して、その能力を100%引き出すことが業務の主体になります。そのため、スムーズに業務を進めるための前段取りや、間違いのない指示、情報伝達が肝要です。その上で、内訳の内容チェックや値入を通して、まとめ担当者としての視点や価値観を見積書に+α出来れば最高です。ちょっと逆説的ではありますが、この仕事は「楽をするために労を惜しまない」習慣が必要だと思いますね。経験を積むと、後の作業の事を考えて今やっておかなければならない事や、調べておかなければいけない事はおのずと見えてくるはず。その時に「ここまででいいや」と妥協するのと、「これ以上は出来ない」ところまで頑張っておくのでは数年後、仕事の内容に大差が付いてきます。私自身、入社当初はそんなことは考えもせず目の前の仕事に七転八倒していたのですが、いつのまにかそういった習慣が身に付いてからは、仕事が随分とはかどるようになりました。最後に、この業界は日本人がこの国でもの作りをする以上、絶対にニーズがなくならない業種です。2020年には東京オリンピックが開催されますし、これから建築業界はますます盛り上がっていくことでしょう。
積算企業体担当者プロフィール
建設会社にて施工管理を経験後、1997年積算企業体入社。以後一貫して案件責任者として業務に携わり、現在では積算実務の技術担当責任者、人財採用の担当責任者及びOAシステム全般の担当責任者を兼任している。

SITE MAP  PRIVACY POLICY